スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン

カエデ・モミジ

紅葉・楓
落葉小高木落葉中高木常緑樹
 
分類 カエデ科 カエデ属
原産地 日本・中国ほか世界に分布
紅葉と言えばモミジ・カエデを連想するほど昔から日本人に愛されてきた樹種で、呼び名がモミジやカエデを使っていても同じカエデ属の木です。
世界で約160種類以上あると言われ、国内では27種が自生しています。
中でもイロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジなど代表的な樹種はほぼ日本全国に分布し、園芸品種も多数あります。
和風の庭だけでなく、洋風の庭にも非常に似合うのと、新梢(しんしょう)や樹幹の美しさから1年中楽しめ、成長も遅めで管理しやすく鉢植えでも楽しめることなどから代表的な庭木と言えます。
イロハモミジの他、ハウチワカエデ、コハウチワカエデ、紅枝垂れ、青枝垂れなどは住宅地を歩いていると必ず目にするほど人気がありますね。
カエデ

続きを読む

スポンサーサイト
blogram投票ボタン

シラキ

白木
落葉小高木 Sapium japonicum
 
分類 トウダイグサ科 シラキ属
原産地 日本
開花期 5~7月
花色 黄色
成長速度 早い
植栽適地 全国
     
     
本州~九州の山地の広葉樹林内の沢筋などでよく見かけるシラキは、細かい葉や美しい黄葉紅葉)、白い実と灰褐色~灰色でなめらな美しい樹皮で人気がある雑木の一つです。庭木では高さ4~6mで、関東近郊の山では比較的早い時期から黄葉が見られます。
       
シラキ
blogram投票ボタン

カツラ

 別名コウノキ(香の木)
落葉高木 Cercidiphyllum japonicum
 
分類 カツラ科 カツラ属
原産地 日本
開花期 3月から4月
花色
成長速度 かなり早い
植栽適地 全国
     
     
カツラはハート形の葉がかわいらしいだけでなく、春の新緑・秋の黄葉と、葉色の変化を楽しむこともできます。高さ30mほど、樹木の直径2mほどにもなりますが家庭では剪定によりコンパクトに育てることも可能です。落葉は甘い香る(醤油の良いにおいに似ている)事からコウノキ(香の木)とも呼ばれます。庭園樹や公園樹として使われますが、香りがよく耐久性があるので、建築、家具、鉛筆などの材料にも使われ、更に碁盤、将棋盤にも使われます。雌雄異株で春に葉が出る前に紅い糸状の花を咲かせます。シンボルツリーにピッタリの庭木です。
ただし、成長が早く、手入れをしないと大木となるので、狭い庭の場合は手がかかるのでご注意を。
       
カツラ

続きを読む

blogram投票ボタン

オタフクナンテン(お多福南天)

お多福南天 (別名:オカメナンテン)
常緑低木 Nandina domestica cv. Otafukunanten
 
分類 メギ科 ナンテン属
原産地 日本
開花期 6月
花色
花言葉 機知に富む、福をなす、良い家庭、私の愛は増すばかり
成長速度 遅い(10㎝/年)
植栽適地 (北海道)本州~沖縄
     
     
丈夫で真っ赤に色づく紅葉が綺麗(常緑なので秋から春まで楽しめます)なオタフクナンテンは、和洋どちらにもあい、グランドカバーや生垣、鉢植え、盆栽などにとても大変人気が高い木です。
       
オタフクナンテン

続きを読む

blogram投票ボタン

ハナミズキ(花水木)

シンボルツリーとして絶大な人気の花水木(ハナミズキ)。別名「アメリカヤマボウシ」。記念樹や公園樹、街路樹としての利用も多く、目にする機会が多いと思います。
特に10年ほど前までは爆発的に人気がありました。最近は雑木風ガーデンの流行で、ヤマボウシシャラシマトネリコなどを選択する方が増えていますが、依然として大人気花木の一つです。
東京がアメリカのワシントンDCへ桜(ソメイヨシノ)を贈った返礼としてハナミズキを贈られたのも有名ですね。
人気の理由はさくらに続いて咲く美しい花、やさしい樹型、紅葉が長く発色もいい、実も楽しめて比較的丈夫など美味しいところがギュッと詰まった花木です。

花の色も白、ピンク、赤、黄色など意外に種類が多いので、いろいろさがしてみてください。

花言葉は「私の想いを受けてください」、「返礼」

続きを読む

blogram投票ボタン

利休七選花とは

千利休が愛した「利休七選花」と呼ばれる次の花木は茶の湯の世界で特に珍重されています。
オオヤマレンゲ
モクレンを思わせる花をやや下向きに咲かせます。いかにもひかえめな美しさが人気の理由です。
シロワビスケ
茶の花には欠くことのできない、最も馴染み深い代表的な花木です。光沢のある濃緑の葉、一重の白い花をのぞかせる姿は、形容しがたい気品をただよっています。
ツバキ科の常緑高木で、半日陰地に植えて特性を発揮します。
ナツツバキ
ツバキの一重の白花に似た品のいい花が初夏に見られます。紅葉と幹肌が美しいのも魅力です。
ハクウンボク
エゴノキ科の落葉中高木で、暗褐色の幹枝の線や滑らかな幹肌にも見どころがあって、雑木の庭に適します。エゴノキより葉が大きく、エゴノキのような下向きの白い花が一斉に咲いた姿はとても綺麗です。
マルバノキ
里山でよく見かける丸い葉の小・中木。紅葉が綺麗で私も大好きです。
ムシカリ
4~5月ごろ、赤みを帯びた葉の周囲に、ガクアジサイのような小さな花の集まりを咲かせます。清楚な風情があり、茶花としては、春に葉と蕾の見え始めたものが良く使われます。
ヤマボウシ
自然な樹形で現在大人気。春の新緑、5月頃の花、夏の緑陰、秋の紅葉も素晴らしく人気があるのも頷けます。雑木風の庭の定番樹種。
blogram投票ボタン
検索フォーム
キーワード検索

シンボルツリー 落葉樹 紅葉 株立ち 常緑樹 半日陰  幹肌 耐寒性強 グランドカバー カラーリーフ 常緑つる性低木 耐寒性:中 

ガーデニング関連書籍
メールフォーム

相互リンク募集中
名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
あわせて読みたいブログパーツ
BBS7.COM
MENURNDNEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。